プリリジーを扱う病院情報

プリリジーは世界で初めて早漏の治療薬として認められた医薬品で、現在はヨーロッパを中心に世界中で認可され、早漏治療で処方されています。ダポキセチンを有効成分にして、抗うつ剤であるSSRIに分類されますが、興奮を静める作用のある神経伝達物質セロトニンの再取り込みを阻止することで、脳内のセロトニン量を増やし、射精をしにくい状態にするのがプリリジーの作用となります。多くの臨床試験で3~4倍の射精時間になったという人が多く、安全性や有効性についても十分に検証され、早漏の改善に有効であると認められています。入手するには海外からのネット通販か、プリリジーの取り扱いのある病院で処方してもらうことになります。海外ではすでに60以上もの国で認可されていますが、日本では未認可となっているので、一般病院で処方してもらうことはできません。厚生労働省は一部の早漏治療を行うクリニックに対して、処方が許可されているので、国内で購入する場合はそうしたクリニックを探す必要があります。しかし、プリリジーは比較的に新しい医薬品であるため広く認知しておらず、取り扱いのあるクリニックを探すのも容易ではありません。インターネットで探すと東京や神奈川などの大都市で展開するクリニックが見つかりますが、ほとんどは大都市に集中しており、郊外や地方のクリニックはまず見つかりません。ED治療薬なら普及しているので、多くのクリニックがありますが、併設して早漏治療を行うクリニックでも、プリリジーを扱う病院は少ないようです。プリリジーは早漏に悩む男性から注目を集めている治療薬なので、これから普及して取り扱ってもらえるクリニックが増えるのを期待するしかないようです。